中古マンションを宮城で購入する時、価格や見た目だけにとらわれないようにすることがポイントです。

中古マンション、リフォーム?リノベーション

宮城で中古マンションを探している方は、リフォームとリノベーションという言葉をよく目にすると思います。

リフォームは以前から物件の修繕やマンションを売り出す前の処置として行われてきたものなので理解されている方が多いと思いますが、リノベーションという言葉についてはここ数年、広まってきた言葉なのでなんだろう?と思っている方も多いでしょう。

リフォームは、利用してきた設備などが古くなり利用できなくなったり、使いづらくなった場合、また住宅の間取りを変更したいという時に行う修繕、改修を行う事を言います。

古くなったキッチンを新しい設備に変えたり、はがれたクロスの貼り替えなどもリフォームに入ります。

鉄骨と基礎だけを残して後は大改修するということでもリフォームと言えます。

最近はリフォームによってエコや環境を考えた住宅にする場合、補助金が出るなどの措置も行われています。

リノベーションは古い建物の外観や構造など古いマンションを活かし、コンセプトを設けて例えば大正ロマンを感じさせるイメージの内装なのに実は機能性豊かな現代風の機器が利用されている、など、新しい魅力を引き出す改修などを指します。

中古マンションなど古い物件を再生するという目的で行う改修をリノベーションといいます。

ただ、リフォームについてもリノベーションについて、明確な定義の違いがなく、どこからどこまでがリフォーム、こういう事はリノベーションなど線引きがありません。

宮城に中古マンションを購入し、内装の改装を行う時、自分の理想を最大限に活かせるように、リフォーム、リノベーションを考えていくといいでしょう。

関連記事紹介⇒第13回 高齢期に備えた賢いリフォーム術